奈良県高取町

「奈良県高取町」のパビリオンへようこそ! 奈良県中部にあり、日本三大山城の一つ「高取城跡」、与楽古墳群をはじめとする八百基以上の古墳群、古くから観音霊場として栄えた名刹「壷阪寺」など、歴史と文化に育まれてきたまちです。飛鳥時代、豊かな自然に恵まれ薬となる動植物が豊富であったことから、推古天皇が聖徳太子らを率いて薬猟りを行って以来、千数百年の歴史を経て、製薬・売薬など薬が、まちの繁栄と健康づくりを支えています。このパビリオンでは、「くすりの町」高取町をご案内します。
人口 6,537人
面積 25.79平方キロメートル
産業構造 第一次産業 120人, 4%
第二次産業 741人, 26%
第三次産業 1,954人, 69%

※人口は2021年4月現在、産業構造は平成27年国勢調査。

まちを覗く

まちを読む

まちを読む

まちのばしょ

まちのばしょ

鉄道

東京から3時間40分

(東京からJR東海道新幹線・近鉄京都線・近鉄吉野線経由)

車

橿原市から車で15分

まちを歩く