北海道東川町

「北海道東川町」のパビリオンへようこそ! 東川町は、約20年で人口が14%ほど増加した、全国でも珍しいまちです。その引力こそが、経済価値だけを重視するのではなく、Life(くらし)の中にWork(しごと)を持つという自然なライフスタイルを重視する、「東川スタイル」です。人口約8,000人のまちに、カフェ、飲食店、ベーカリー、ショップ、工房など、60以上の個性的な小さなお店があり、「写真のまち」という文化を感じつつ、旭岳と田園風景が織りなす四季と天然水に抱かれて暮らす。 このパビリオンでは、そんな東川町をご案内します。
人口 8,361人
面積 247.06平方キロメートル
産業構造 第一次産業 817人, 21%
第二次産業 663人, 17%
第三次産業 2,387人, 62%

※人口は2021年4月現在、産業構造は平成27年国勢調査。

北海道東川町の
の特徴

北海道東川町の の特徴

  写真文化首都「写真の町」ひがしかわ

写真文化首都「写真の町」ひがしかわ

1985年、東川町は「写真の町」を宣言。「写真映りのよいまち」をめざした条例の制定を皮切りに、「東川町国際写真フェスティバル」や、全国の高校生が競い合う「写真甲子園」、写真専門の「文化ギャラリー」など、「写真」をベースにしたまちづくりを展開しています。その成果は、優れた景観、写真家・アーティストや関連企業との交流を深めたことによる新たな事業展開、写真を通じた国際交流など、様々な効果を生み出しました。東川町に行けば、文化のまちづくりの挑戦をうかがい知ることができるでしょう。

  家具デザイン文化を世界へ

家具デザイン文化を世界へ

東川町の特産品である木工クラフトは、大きな家具からキーホルダーのような小物まで、様々な商品をつくり出しています。カフェやギャラリーを併設している工房もあり、ゆっくりと時間をかけて一軒ずつ巡るのもおすすめです。町では、この「家具デザイン文化」を世界へ発信する日本初のデザインミュージアム計画をはじめ、KAGUデザインコンペ、「椅子の日」制定、そして建築家・隈研吾氏の設計による「KAGUの家」ヴィレッジの整備など、家具クラフトデザインをキーワードに、東川らしい施策を進めています。

  天然水とともに暮らす

天然水とともに暮らす

東川町は全国でも珍しい、北海道で唯一の上水道のないまち。大雪山の雪解け水が、地下水として長い年月をかけて東川町へ運ばれてくることで、町民は「贅沢な当たり前」の恩恵を受け、全戸が井戸水で暮らしています。町内には、水を活かしたコーヒーの飲めるカフェが多くあるほか、2020年には全国初の公設民営酒蔵がオープン、おいしい水と米を掛け合わせた「東川らしい日本酒」が登場しました。ワイン、クラフトビール、クラフトジンなどの製造にも力を入れており、ウィンタースポーツを満喫した町民の心と身体を癒やしています。

まちを覗く

まちコラム

まちコラム

北海道東川町の天人峡

妄想で旅をしてみよう!~北海道東川町編・その2~

2021.10.6   まなぶ  たのしむ 
北海道東川町

前回「キトウシ森林公園」の妄想旅行を無事に終えて、今回は東川町で2つ目の訪問先を楽しみたいと思います。今回は、日本の代表的な旅行予約ウェブサイトの一つである「じゃらん」から、「東川町(上川郡)の観光スポット」の「子連れにオススメランキング」(2021.6.15時点)を参考に、訪問先を決めてみることに...

UNIQUE CONNECTIONのクロストーク 2021/7/28

【イベントレポート】
ようこそ、家具をもっと好きになる夜へ

2021.9.28   ながめる  極める  親しむ 
北海道東川町

「木の家具」は好きですか? では、家具職人さんとお話したことはありますか? 家具は毎日触れていても、それを作る職人さんの想いに触れる機会はなかなかありません。暮らしを豊かにする優しい家具たち、今夜はそんな家具を作り続ける職人さんたちの想いをクロストークで繋ぎます。 UNIQUE CONNE...

北海道東川町のキトウシ森林公園

妄想で旅をしてみよう!~北海道東川町編・その1~

2021.9.1   まなぶ  たのしむ 
北海道東川町

今回より本格的な妄想旅行のスタートです。まずは、「自然を楽しむ」をテーマに、北海道東川町を旅していきたいと思います。東川町は、北海道のほぼ中央、日本最大の大雪山国立公園の玄関口に位置し、雄大な自然景観と豊かな水、肥沃な大地に恵まれています。 東京羽田から飛行機で旭川空港までは1時間40分の空の...

北海道東川町の旭岳源水

妄想で旅をしてみよう!~準備編~

2021.8.23   まなぶ  たのしむ 
北海道東川町

コロナ禍による生活での様々な制限が始まってから、1年以上が経ちました。2020年2月に長女が入学試験を迎えた我が家は、「受験が終わったら旅行しようね」を合言葉に彼女のラストスパートを応援していたわけですが、結局未だ旅行に出られないまま、長女はこの春2年生に進級をしました。 無類の旅行好き同士が...

全国5自治体まちづくりサミット 2021/07/17 後編

【イベントレポート】
5つのまちから届いた、今そこにある“活躍”のかたち。<後編>

2021.8.13   ながめる  まなぶ  親しむ 
北海道東川町 鳥取県南部町

この<イベントレポート後編>では、北海道東川町と鳥取県南部町をお送りします。「写真の町」と「あなたの活き方をデザインできるまち」、いずれも個性的なまちづくりの様子をぜひご覧ください。[前編はこちら] 全国5自治体まちづくりサミット ~“すごい”まちづくりから考える未来の活躍人口づくり~ ...

UNIQUE CONNECTIONのクロストーク 2021/6/30

【イベントレポート】
「写真の町」で繋がる写真家さん達の想い

2021.7.5   まなぶ  たのしむ  親しむ 
北海道東川町

「写真の町」に暮らす写真家さん・・・そんなちょっと不思議な肩書きをもつ4人が集まっておしゃべりしてみたら、ゆるくて居心地の良いラジオ番組の様なクロストークになりました。そんな雰囲気を少しだけお伝えします。 UNIQUE CONNECTIONのクロストーク ~写真の町 東川町のカメラマンた...

北海道東川町の大雪体験記

記憶と記録に残る体験記。
「東川のいちばん○○日」

2021.6.23   極める  挑む  動かす 
北海道東川町

冬に旭川空港に降り立つと、空港の駐車場に停めたマイカーは、いつもだいたい、こんな感じで迎えてくれる。 帽子みたいに見えるし、おかっぱ頭のようでもある。 積もった雪下ろしを、どこから手を付けようかと迷うのは、ソフトクリームを最初に食べ始める時と似ているのかなと、勝手に思っている。 話は少...

北海道初のブランド米「東川米」

東川。お米と向き合うその姿勢に、北海道の稲作の歴史が重なって

2021.6.17   親しむ  挑む 
北海道東川町

今から数年前、以前の職場での出張で、旭川空港を利用することがあった。その時、空港に到着して建物の外に出た瞬間、顔に当たる空気の温度で、随分遠くに来たことを(文字通り)肌で感じた記憶がある。 私はその当時、降り立ったその旭川空港から車で10分強ほどの距離にある、東川町のことを知らなかった。あの時この...

北海道東川町の名刺 地域ブランディング

行政と名刺と地域ブランディングの
新たな関係

2021.6.17   まなぶ  たのしむ 
北海道東川町

北海道東川町の町役場に初めて伺ったとき、ご挨拶した職員の皆さんからいただく名刺が、全て同じデザインだったので、とてもびっくりしました。緊張しながら町長室に入らせていただいて、町長さんが下さった名刺も、同じデザインでした。 研究テーマの関係で、あちこちの市役所や町村役場の方と打ち合わせす...

まちを読む

まちを読む

北海道東川町のパンフレットやチラシを読むことができます。ネットには載っていないような情報を見つけることができるかも!?

まちのばしょ

まちのばしょ

飛行機

東京から1時間50分

(東京から旭川まで飛行機で1時間40分。空港から車で10分)

車

旭川から車で30分

気候はどうかな?泊まるところは?子育て環境は?

相談する

相談する

まちを「もっと知りたい」「関わってみたい」「行ってみたい」、そんなふうに思った方は、まずは、活まち役場のコンシェルジュ(相談員)とお話ししてみませんか?どんなことでもかまいません。あなたに合った関わりしろを一緒に考えていきます。

※メールでのご質問 / ご相談、zoomでのご質問 / ご相談を選ぶことができます。
※相談員は、活まちのスタッフです。自治体との関わり方等についてご一緒に考えていきます。相談後、必要に応じて自治体の方にもおつなぎします。

お問い合わせ・ご相談は、お気軽に。こちらからどうぞ
お問い合わせ・ご相談は、お気軽に。こちらからどうぞ
まちを歩く