福島県伊達市

「福島県伊達市」のパビリオンへようこそ! 伊達市の歴史は古く、独眼竜政宗で知られる伊達氏発祥の地であり、また、江戸時代以降は養蚕業のまちとして発展しました。現在では、日本有数のフルーツの産地として有名なほか、日本百景にも選ばれている霊山(りょうぜん)や点在する桜並木、果樹の花々などの豊かな自然環境が美しい景観を造り上げています。伊達市は、訪れる季節ごとに異なる色を見せてくれるまち。そして訪れる人によって、好きな色を見ることができるまち。このパビリオンでは、そんな福島県伊達市をご案内します。
人口 58,962人
面積 265.12平方キロメートル
産業構造 第一次産業 4,022人, 13%
第二次産業 9,715人, 31%
第三次産業 17,185人, 56%

※人口は2021年4月現在、産業構造は平成27年国勢調査。

福島県伊達市の
の特徴

福島県伊達市の の特徴

  子育てこそ、伊達

子育てこそ、伊達

「子育てこそ、伊達」。このキャッチフレーズにふさわしい環境が、伊達市にはあります。伊達市版ネウボラ(妊娠期から育児まで、保健師や保育士などの専門家らが、切れ目のない支援を行う制度)や、大型遊具を有した4つの屋内遊び場、低額で利用可能な児童クラブなど、充実した支援を行っています。市が準備した政策に加え、雄大な霊山や阿武隈川、里山が織りなす自然が、子どもたちを育みます。多くの体験メニューを用意し、デジタルに慣れた子どもたちに、アナログな身体の使い方を教えています。

  「伊達食」を育む豊かな大地

「伊達食」を育む豊かな大地

春はさくらんぼ、夏は桃・メロン、秋は梨・ぶどう・りんご、そして冬はいちごと伊達市発祥の「あんぽ柿」。伊達市は日本でも珍しい、1年中、途切れることなく旬の果物を味わえる土地です。また、米や「伊達鶏」、きゅうりの名産地でもあります。「道の駅 伊達の郷りょうぜん」では、豊かな食材を使った六次産品やオリジナルメニューを多く開発し、人気を博しているだけでなく、食育と将来の担い手づくりを願い、食に触れる機会づくりとしてフルーツ狩り体験を用意しています。「伊達食」は、食のまちづくりの未来を示唆しているのかもしれません。

  伊達氏発祥の地

伊達氏発祥の地

伊達市の名前の由来は、独眼竜政宗を生んだ「伊達氏」発祥の地であることから。伊達氏初代の居城である高子岡城をはじめ、鎌倉時代~戦国時代の伊達氏にまつわる史跡が点在しています。このような歴史的背景を活かして、政宗の戦国青春アニメーション「政宗ダテニクル」を作成し、観光振興に取り組んでいます。その他にも、東北山岳仏教の聖地である霊山、日本有数の産地であった養蚕業、約350年の歴史を持つ勇壮・豪快な「霊山太鼓」など、古の魅力が人の心を惹きつけます。

まちを覗く

まちコラム

まちコラム

福島県伊達市

企業の地方移転を「自分事」にするために、福島県伊達市で妄想をはじめよう。

2021.9.29   試す  すごす  動かす 
福島県伊達市

みなさんは、「企業立地」について考えたことはありますか? テレワークの普及やIT技術の進化、企業立地促進法をはじめとした法整備、地方経済の活性化を目指した各自治体の優遇措置の充実などを背景に、地方への本社や事業所・工場移転の動きが活発化してきています。 特に最近では、新型コロナウイルス感...

福島県伊達市の道の駅伊達の郷りょうぜん

固定観念は打ち砕かれる。熱い思いと、考え抜かれたおもてなし。道の駅伊達の郷りょうぜん

2021.8.27   極める  親しむ  挑む 
福島県伊達市

旅行好きで、全国のいろんな場所に出かけて行くことが多いのだが、仕事柄、その地域の観光資源や特産品、食文化などが気になるので、そういったものに、手っ取り早く触れるには、道の駅はもってこいで、時間があれば、必ずそのエリアにある道の駅に、立ち寄るようにしている。 道の駅と一口に言っても、周辺の観光や...

全国5自治体まちづくりサミット 2021/07/17 前編

【イベントレポート】
5つのまちから届いた、今そこにある“活躍”のかたち。<前編>

2021.8.8   ながめる  まなぶ  親しむ 
福島県伊達市 山梨県都留市 鳥取県湯梨浜町

北海道東川町、福島県伊達市、山梨県都留市、鳥取県湯梨浜町と南部町。「生涯活躍」のまちづくりを進める5つのまちから、熱く楽しく元気な人たちがやってきました。自分の故郷を思い浮かべながら、まちの様子を一緒に覗いてみませんか? 全国5自治体まちづくりサミット ~“すごい”まちづくりから考える未...

「ちょっと気になる。」
伊達の子育て施設のリアルを確かめる。

2021.7.27   まなぶ  すごす 
福島県伊達市

物事を考えたりするときには、最初に、ビジュアル(画像)が頭の中に浮かんでしまう。 それは、まだ始まっていないことや、行ったことのない場所を考えるときでも同じで、勝手に「空想カラー写真」が、頭の中でスライドされていく。 例えば、「子育てのまち」と聞いて最初に頭の中に浮かぶのは、「小さな子どもや...

<道の駅の挑戦>いちごサイダー開発物語 2021/7/8

【イベントレポート】
「りょうぜん」へ行ってみたくなる不思議なサイダーの物語

2021.7.20   まなぶ  挑む  つくる 
福島県伊達市

福島県伊達市にある道の駅「伊達の郷りょうぜん」の酒井さんと、いちご農家「松葉園」の大橋さん。いまや道の駅の目玉商品となった「いちごサイダー<いちごから笑顔>」の開発物語は、このお二人の出会いから始まります。イベントに参加したみなさんが「りょうぜんへ行ってみたい」と感じたその内容とは? <道...

伊達市の食材を中心にしたレシピが載っている「思い出の先にはいつも家庭料理」

伊達が持つ、土地の魅力とエネルギーに出会う、家庭料理本
 

2021.6.17   たのしむ  親しむ  つくる 
福島県伊達市

伊達市に関連する書籍を探していて、偶然、素敵な本に出会った。 寛仁親王妃信子著「思い出の先にはいつも家庭料理」という一冊。 表紙カバーには「こころあたたまる福島の人々との交流、そして自然豊かな食材との出会いに、日本の四季折々の旬を愉しむ・・・花桃の一品料理とエッセイ」と記されている。 ...

伊達氏発祥の地、高子岡城跡に行くべき3つの理由
 

2021.6.17   ながめる  まなぶ  親しむ 
福島県伊達市

伊達氏といえば、独眼竜・伊達政宗。では、伊達氏発祥の地はご存知でしょうか?仙台でも、米沢でもありません。その名もそのまま、「福島県伊達市」です!伊達氏初代当主である、伊達朝宗(だてともむね 1129年~1199年)が、「伊達(当時の読み方は「いだて」)」の地を源頼朝から賜ったのが名前の由来。今回は、...

まちを読む

まちを読む

福島県伊達市のパンフレットやチラシを読むことができます。ネットには載っていないような情報を見つけることができるかも!?

まちのばしょ

まちのばしょ

鉄道

東京から1時間50分

(東京からJR東北新幹線・阿武隈急行経由)

車

福島から車で20分

気候はどうかな?泊まるところは?子育て環境は?

相談する

相談する

まちを「もっと知りたい」「関わってみたい」「行ってみたい」、そんなふうに思った方は、まずは、活まち役場のコンシェルジュ(相談員)とお話ししてみませんか?どんなことでもかまいません。あなたに合った関わりしろを一緒に考えていきます。

※メールでのご質問 / ご相談、zoomでのご質問 / ご相談を選ぶことができます。
※相談員は、活まちのスタッフです。自治体との関わり方等についてご一緒に考えていきます。相談後、必要に応じて自治体の方にもおつなぎします。

お問い合わせ・ご相談は、お気軽に。こちらからどうぞ
お問い合わせ・ご相談は、お気軽に。こちらからどうぞ
まちを歩く