鳥取県湯梨浜町

「鳥取県湯梨浜町」のパビリオンへようこそ! 鳥取県の中央に位置する湯梨浜町。湯梨浜という名前は「東郷湖から湧き出る温泉」「大地がはぐくむ二十世紀梨」「日本海に広がる白い砂浜」に由来しています。美しい風景、温泉、農業、充実した子育て。生活の中に楽しみがあり、楽しみの中でゆっくりと時間が流れていきます。「ゆりはまフェロー」になり、「暮らし体験ボランティア制度」や、町の用意する「お試し住宅」を利用すれば、「旅」から一歩踏み込んだ「町に暮らす人との出会い」があなたを待っています。このパビリオンでは、そんな湯梨浜町をご案内します。
人口 16,695人
面積 77.94平方キロメートル
産業構造 第一次産業 1,258人, 15%
第二次産業 1,786人, 21%
第三次産業 5,491人, 64%

※人口は2021年4月現在、産業構造は平成27年国勢調査。

鳥取県湯梨浜町の
の特徴

鳥取県湯梨浜町の の特徴

  当たり前に温泉を楽しめる暮らし

当たり前に温泉を楽しめる暮らし

湯梨浜町には「はわい温泉」「東郷温泉」という2つの温泉街があります。宿泊だけではなく、湖畔を散策しながらの日帰り入浴や足湯巡りなど、楽しみ方は人それぞれ。どちらも東郷湖の湖底から湧き出ています。そして、地元で愛される温泉の銭湯や、温泉付き住宅、家庭で温泉の湯が楽しめる温泉スタンドなど、湯梨浜町では、温泉は、ごく日常的で、暮らしの中にあるものなのです。

  日本一の特産物を育てる

日本一の特産物を育てる

果汁が多くすっきりとした味わいの二十世紀梨。ここ湯梨浜町は、二十世紀梨の生産量が日本一。また町内にある梨の選果場は東洋一の規模で、一日に約200tもの量をさばくことが可能です。春には山々を真っ白に染める梨の花、秋には梨狩りも楽しめます。その他にも湯梨浜町では、ぶどうやスイカ、メロン、いちご、うめといった園芸作物の生産に力を入れています。新規就農に対する町の支援も充実していて、町内には頼れる先輩も数多くいます。農作業体験ツアーも企画中ですので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

  生涯スポーツのまち

生涯スポーツのまち

湯梨浜町の魅力の1つに「海」があります。海岸線の長い鳥取県の真ん中に位置する湯梨浜町は、その波を求めて、多くのサーファーが集まるまちでもあります。海を愛し、サーフィンやSUPを楽しむ人々は、浜の美しさを守り続けるためのビーチクリーンや、子どもたちに海と親しむ機会を提供するフェスなどにも取り組んでいます。他にも国内公認コース第1号の東郷湖周回コースを擁する「ノルディックウォーク」や、湯梨浜町が発祥の地である「グラウンドゴルフ」など、スポーツの魅力でいっぱいのまち。子どもからお年寄りまで、みんなで一緒に体を動かし、交流している輪に加わってみませんか。

まちを覗く

まちコラム

まちコラム

エアー旅人気分を味わう「ゆうゆう、ゆりはま 空も人も晴れている」

2021.9.8   ながめる  まなぶ  たのしむ 
鳥取県湯梨浜町

鳥取県湯梨浜町のサイト、「ゆうゆうゆりはま」。 このサイトがとても面白くて、連日はまって見ている。 サイトのTOP、「鳥取のサンルーム。湯梨浜町」とあり、思わず、晴れた空の下サンルームで読書する自分の姿を妄想してみたり。 あまりにもサイトの仕様が個人的にぴったり来て、この書籍ver...

【ゆりはまカレッジ】~湖とともに生きる編<生きものと温泉>~ 2021/08/19

【イベントレポート】
東郷池を楽しむ達人たち

2021.9.7   まなぶ  たのしむ  親しむ 
鳥取県湯梨浜町

山陰八景のひとつ、東郷池。温泉、食材、歴史、そして多様な生きものが住まうこの地に、暮らしを楽しむ達人がいます。今日は達人と一緒に魅力溢れる東郷池のほとりを散策してみませんか? 【ゆりはまカレッジ】地域との”かかわり方”を 見つける場。 ~湖とともに生きる編<生きものと温泉>~ 2021年8...

【ゆりはまカレッジ】~梨と田んぼからはじまる地域づくり編~ 2021/08/05

【イベントレポート】
“守る農家”から“変える農家”へ

2021.9.7   まなぶ  親しむ  つくる 
鳥取県湯梨浜町

二十世紀梨の出荷量日本一。そんなゆりはまの農家さんが若い人たちを巻き込んで地域づくりを進めています。まちの元気を育てるゆりはまの農業、夢見る農家さんが見つめるその先にあるものは? 【ゆりはまカレッジ】地域との”かかわり方”を 見つける場。 ~梨と田んぼからはじまる地域づくり編~ 202...

鳥取県湯梨浜町の「ゆうゆう、ゆりはま」

湯梨浜・東郷湖でノルディックウォーキングデビューがしたい!

2021.8.26   たのしむ  試す  親しむ 
鳥取県湯梨浜町

湯梨浜町発行の「ゆうゆう、ゆりはま」を読んでいると、気になることがたくさん出てくる。「ゆうゆう、ゆりはま」とは、湯梨浜町を舞台に様々な分野で活躍する「ゆりはまのひとたち」を紹介した冊子で、毎年発行を重ね、現在(2021年)で、Vol.4を数えるまでになっている。 誌面では、ゆりはまの「ひとたち...

全国5自治体まちづくりサミット 2021/07/17 前編

【イベントレポート】
5つのまちから届いた、今そこにある“活躍”のかたち。<前編>

2021.8.8   ながめる  まなぶ  親しむ 
福島県伊達市 山梨県都留市 鳥取県湯梨浜町

北海道東川町、福島県伊達市、山梨県都留市、鳥取県湯梨浜町と南部町。「生涯活躍」のまちづくりを進める5つのまちから、熱く楽しく元気な人たちがやってきました。自分の故郷を思い浮かべながら、まちの様子を一緒に覗いてみませんか? 全国5自治体まちづくりサミット ~“すごい”まちづくりから考える未...

鳥取県湯梨浜町のハワイの思い出

湯梨浜町から、幼かったころの「日本のハワイ」の思い出がよみがえる

2021.6.24   たのしむ  やわらぐ 
鳥取県湯梨浜町

湯梨浜町。ゆりはまちょう。とても美しい名前だ、と思った。 この美しい名は、2004年に町統合で新しく誕生したものだと、最近知った。そして、このまちが、私自身、訪れたことのある、あの「日本のハワイ」でもあることを、私はつい先日知ったのだ。 私が小さかった頃、父は趣味としてのランニングを始めたば...

鳥取県湯梨浜町で開発された「グラウンド・ゴルフ」開発当初の用具とボール

驚異的関係人口につながる、生涯スポーツの誕生物語。(その2)

2021.6.17   挑む  つくる  動かす 
鳥取県湯梨浜町

(前回からの続き) 昭和57年4月。鳥取県教育委員会から泊村教育委員会に、社会教育主事として朝井正教氏が派遣され、前年から泊村教育委員会に勤務していた河本清廣氏の同僚となった。 二人は共に20代。国からの命題を受け、真っ白な状態から、新しいスポーツの開発に取組むことになった。 高齢者にふさ...

鳥取県湯梨浜町にあるグラウンドゴルフの里「潮風の丘とまり」

驚異的関係人口につながる、生涯スポーツの誕生物語。(その1)

2021.6.17   挑む  つくる  動かす 
鳥取県湯梨浜町

地方に出かけると、公園や河川敷で年配の大人たちが集まり、手にクラブを持って、ボールを打っている光景をよく見かける。 今日も、出張先のまちの河原で、高齢者の人たちが集まっているのを見つけた。 高齢者のスポーツ=ゲートボールって、勝手に思い込んでいたけれど、それぞれの人の動きを見ていると、ちょっ...

まちを読む

まちを読む

鳥取県湯梨浜町のパンフレットやチラシを読むことができます。ネットには載っていないような情報を見つけることができるかも!?

まちのばしょ

まちのばしょ

飛行機

東京から1時間40分

(羽田から鳥取まで飛行機で70分。空港から車で30分)

車

倉吉から車で10分

気候はどうかな?泊まるところは?子育て環境は?

相談する

相談する

まちを「もっと知りたい」「関わってみたい」「行ってみたい」、そんなふうに思った方は、まずは、活まち役場のコンシェルジュ(相談員)とお話ししてみませんか?どんなことでもかまいません。あなたに合った関わりしろを一緒に考えていきます。

※メールでのご質問 / ご相談、zoomでのご質問 / ご相談を選ぶことができます。
※相談員は、活まちのスタッフです。自治体との関わり方等についてご一緒に考えていきます。相談後、必要に応じて自治体の方にもおつなぎします。

お問い合わせ・ご相談は、お気軽に。こちらからどうぞ
お問い合わせ・ご相談は、お気軽に。こちらからどうぞ
まちを歩く